<< ちまっ | main | 東北のわんニャン続き >>
東北のわんことニャンコたちへ


本日は特別で飼い主がお送りします。

東北関東大震災で被災をしたペット達に何か出来ないかと思っていましたところ、
仕事仲間の友達が入手した情報で

仙台市獣医師会で被災したペット達を沢山預かっているそうです。


同じ仙台の大町ペットクリニックさんのホームページのトップのお知らせを転載します。
*****
仙台市の動物管理センターには被災したワンちゃん、ネコちゃんが多数います。フードや、シーツを送っていただけると大変助かります。 
送り先は 983-0034 宮城県仙台市宮城野区扇町6−3−3 
動物管理センター内 仙台市獣医師会 です。 
Tel: 022-387-5225

.復興には時間がかかると思いますが、これからもよろしくお願いいたします。

*****

大町ペットクリニックさんに直接お電話して確かめてみましたところ、
(↑上に記載のお電話番号は仙台獣医師会さんでクリニックさんとは違います)

企業だけでなく個人が直接お送りしても大丈夫、ということと

フードの種類はそんなにこだわらなくてもいい、ということでした。

飼い主は早速いつも使っているネットショップに注文して
一番ノーマルだと思うサイエンスダイエット(それで全く問題ないです、とのことでした)
と業務用のペットシーツを直接発送の形でお送りしました。

いつもより届くのは時間がかかるようですが、早くちゃんと届きます様に。

家族と離ればなれで不安とストレスを抱えてじっと耐えてるペット達が
せめてごはんはお腹一杯食べられます様に。
一日も早く大好きな飼い主さんとまた一緒に暮らせる日が来る様に

そのために被災した地域が一日も早く復興しますように。


クリニックさんも仰ってましたがどうしてもまず人間が優先になってしまいますから、と。
でもこれは仕方のない事です。
まず人間が平常でないと動物の面倒を見る事も出来ませんから。

なのでペットを飼っている飼い主としてわずかな事ではありますが
協力していけたらと思います。




甘えん坊のカムカム王子なんか何日か預けるとホームシックで下痢がゲリラですからねえ…;
もしここが被災したら、
多分避難所に犬はムリって事になって
同じ様に預ける事になったらと想像すると…
飼い主は胸がキリキリリンキンパークです(意味不明;)

突然飼い主と引き離されたストレスで病気になる子もいるんじゃないかと思います。
仙台市内の24の動物病院で現在被災ペットの受け入れが可能で、
獣医師会に届いた物資も各動物病院に振り分けられるそうですので、
西日本に住む我々もお力になれたらと思います。


今追加の情報頂きました。こういう活動もあるそうです。



頑張れ、被災したペットたち。飼い主達。獣医さん。ペットショップ。
動物園、水族館。
一日も早く平穏な暮らしが取り戻せます様に。
カテゴリ:- | 14:54 | - | - | - | - |